月めぐり@直美の日々是善哉

散歩・落語・お天気・食を愉しむ日々を徒然なるままに

夕化粧の歌

f:id:tsukimeguri:20190715193236j:image

「夕化粧 宵の帳に包まれて

漂うかほりに 高鳴るおもい」

 

清楚で、それでいて何処か

華やかさを持つ

夕化粧=白粉花の香りが好きで

短歌を作ってみました。

 

夕方から夜にかけて咲く白粉花

平安時代にすでに日本にあり

和歌にも読まれています。

 

夕化粧も白粉花

今思えば

どこか艶っぽい名前です。

 

今年は梅雨寒でのせいか

少し頼りなげに咲いてました。

 

こう長雨が続くと

カラッと暑い太陽が恋しいです。