月めぐり@直美の日々是善哉

散歩・落語・お天気・食を愉しむ日々を徒然なるままに

気になる植物

寒いのが大嫌いな私

朝の散歩がすこしづつ辛くなり

今朝はお気に入りの赤いショールと
ユニクロのモコモコのコートカーディガンをきて
15分ほど散歩をしました。

www.uniqlo.com


ボアフリースノーカラーコート
安くて暖かく
ゆったり着られるので重宝しています。


ここ1か月、家の近所、職場の近所
また遊びに行く場所にも
可愛い赤い実がなる気になる植物があり

なんというのだろう・・と検索をしたら

kurashi-no.jp


チェッカーベリーでした♪

寒い時期の黄色や赤の花、実は
愛でていると元気がもらえます。

3月までは楽しめるようで
最近ではお正月の飾り物にも
使われているようです。

チェッカベリーの花言葉を調べたら
「明日の幸福」
「好奇心」
「不老長寿」

どれも私には必要な言葉です(笑)

とてもかわいい実なので
みなさんもぜひ探してみてくださいね。

冬の読書

f:id:tsukimeguri:20191118181743j:image

今月から年末にかけて読む本を

買いました。

 

読書グループでお勧めされた

ロマンシェ

 

先日映画を観て感動した

マチネの終わりに

 

この二冊は年末にゆっくりと

本の世界観を味わいたいと思います。

 

伊集院静さん

実は初めて読むので楽しみです♪

 

先週からこんをつめて

パソコン作業をしてたので

目の疲れが酷く

 

今週は早く寝て目を休め

来週からのんびり冬の読書週間を

スタートです。

 

そろそろ大人目(老眼)を感じるので

来年は眼鏡が必要かもしれません(≧∀≦)

クラシックな朝

f:id:tsukimeguri:20191118073157j:image

雨がポツポツと降るどんよりとした横浜

今朝はお気に入りのクラシックの

プレイリストを聴きながらスタート

 

しっとり、ほわっとした心持ちで

仕事へ向かいます♪

 

午後からは気温も上がるようです

皆様、体温調節しやすいよう

重ね着をしてお出かけを♪

落語とジロリと御神籤

f:id:tsukimeguri:20191117081911j:imagef:id:tsukimeguri:20191117081928j:image

昨日は桂治師匠が昼のトリをとられるので

朝から浅草へ。

 

落語もですが、今回の目的の1つ

看板猫のジロリの手拭いを手に入れました♪

→初回限定100枚限りです!

猫好きさん、今のうちですよ〜

 

お腹で大声で3回笑うと1日寿命の伸び

気の巡りが良くなり運気も上がります♪。

 

寄席の後にはいつも良いことが。

f:id:tsukimeguri:20191117082242j:image

綺麗な夕焼けが見られ

 

f:id:tsukimeguri:20191117082315j:image

御神籤も吉!

 

浅草寺の御神籤は観音御籤といい

漢文で構成されています。

 

易経を勉強していて良かったと思う

ことの1つが

御神籤の本当の意味に辿り着けること。

 

裏面におおまかな説明がありますが

本当の意味を知りたい方は

来年の浅草か蔵前で小さなオフ会を

開催予定なのでお楽しみに♪

 

さて、浅草演芸ホール

少々柄が悪い(品行がよろしく無い)方が

多いことで

落語好きさんの間では有名なようですが。。

 

場は個々の内側から発する気が作るもの

人それぞれがどういう風に過ごしたいか?

で場が作られます😊

 

寄席の流れをスムーズに運び

師匠方を快適にするために頑張ってる

前座さんたち

 

素敵な芸を見せてくれる

色物の先生方、落語の師匠方

 

舞台の上と裏方の人たちあっての

寄席

 

そして、その場の空気感、雰囲気を作っている

ベースはお客様です。

 

陽気な笑い声

和やかな雰囲気の中

 

昨日の昼席

4時間江戸トリップし

笑いに満ちた豊かな時間を過ごす事ができ

同じ場にいた皆様に感謝します。

 

遊之介師匠のファンの方

ちょっぴりですが

お話させていだき嬉しかったです(^_^*)

ありがとうございました。

 

11/16 中席後半 浅草演芸ホール 落語録

前座→昇咲 平林
伸べえ→新聞記事
夏丸→英会話
笑遊→魚根問
青年団→回診コント
紫→山内一豊 出世馬揃え前半
芝楽→善哉公社
遊之介→河豚鍋
柳橋→替り目
寿輔→漫談と川柳
伸しん→熊の皮
真里 漫談
小文治→強情灸
遊三→パピプペポ
ボンボン
伸治→片棒

 

伸治師匠の片棒、

大好きなのでラッキーでした♪

愛の詩~募る恋心と秋の空~

f:id:tsukimeguri:20191115123547j:plain

本当は俳句か短歌の勉強
夜は小筆の練習・・

と思っていたのですが 気分が
なんとなく古典に向いていたので

漢詩の最も古い詩集
孔子が編集したといわれる
詩経」を 公園で読みました。

空が澄んでいて綺麗です^^

www.kinokuniya.co.jp


詩経の中で目についたのが
采葛(さいかつ)の詩。

 

一日三秋の言葉の語源でもあります。

 

<一日三秋とは>
一日合わないだけでも
「三か月」「三回秋を迎えるくらい」「三歳(三年間)」に感じると
相手を愛おしく感じる思いを綴った詩をもとに
1日が非常に長く思われること、 待ちどおしいことを意味する言葉。

<采葛の原文> ()は読み方です。
彼采葛兮(彼に葛を采らん)
一日不見(一日見ざれば)
如三月兮(三月の如し)

彼采蕭兮(彼に蕭を采らん)
一日不見(一日見ざれば)
如三秋兮(三秋の如し)

彼采艾兮(彼に艾を采らん)
一日不見(一日見ざれば)
如三歲兮(三歳の如し)

(和訳)

葛を摘みに行きましょう
一日会わないと
三月がたったようだもの

カワラヨモギを摘みに行きましょう
一日会わないと
三つの秋がたったようだもの

ヨモギを摘みに行きましょう
一日会わないと
三年がたったようだもの


葛・蕭・艾は合体のシンボルであり
相手と共に時間を過ごす(または1つになる)ことも意味し
次第に募る恋心を表現する詩です。

少し切なく
ロマンチックな感じに惹かれました。

きっと、今、
私が似たような心境だからかもしれません。


もう一つ「詩経」の中に素敵な詩
言葉を見つけました。

「穆如清風」

穆(ぼく)として清風の如し。

 

(和訳)
心おだやかで、気持ちのよい風のようである。

そよ風のように心穏やかな柔和な徳のある人は、
その人徳を自然と周りに浸透させてくれ
自然と笑顔が生まれる。

「この人がいるだけで場の雰囲気が変わる」
こんな女性になりたいものです^^

師走、お正月にしたためる
書道の題材を探しているのですが
「穆如清風」は候補に入れようと思います。 

更新

f:id:tsukimeguri:20191115075823j:image

松に青空が映える

ひんやりとした澄んだ空気が

気持ち良い朝を迎えました。

 

f:id:tsukimeguri:20191115075953j:image

冬場の黄色い花は

気持ちが明るくなりますね♪

 

携帯のシステムが昨晩寝てる間に

更新されたようで

色々な機能が新しくなっていて

戸惑います。。

 

使いこなせば便利なのですが

あれれ??と

頭にクエスチョンマークが浮かぶばかり。

 

カメラの機能が上がった?ようなので

先ずは色々試して見たいと思います。

 

週末は短歌、俳句の日

1ヶ月ぶりに歌を詠みます😊

一区切りの後のステージは

f:id:tsukimeguri:20191114004412j:image

発表会終わり!

開放感が(笑)

 

プチ打ち上げは

お握り、ピザ、卵焼き、お新香

ビール、日本酒で。

 

これから毎月新聞を書いて配布予定。

タイトルはこちら

(今日配布したのは創刊号?)

f:id:tsukimeguri:20191114004601j:image

 

早速、日付を入れ忘れるドジっぷり。。

みんな読んでくれたかなぁ。

 

週末くらいまでに

こちらのブログにも貼り付けたいと思います。

→出来るのかどうか?ですが。。